FC2ブログ
バリ島でまったりゆったりと自然に囲まれて ・・・いかんいかん、ぼけぼけしすぎると、仕事にならん!てんで、自分自身に叱咤激励する意味こめて、時には反省、時にはおばかなお話まじえての生活記録。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。












におい、きついですぅ~!!





うん、おばあちゃんが引き替えにくれる果物、お菓子ね
マンゴーやバナナ、みかん・・・

袋にどっさりありがたいんだけど・・・


そのきつ~ぃ臭いだけは何とかしてぇー!!

マンゴーは大好きだけど
皮をむいても、まだにおう~

おばあちゃん、もうかなりオトシみたいで
くすり手放せないのはわかるけどね
しみこんじゃって、食べられないのぉ


おじいちゃん、おばあちゃんって
よくこれ、使ってるのね

種類は色々あるけど、
ボカシって薬草使われてるのが主流かな?
あとは、漢方的にウコン、バン・ウコン、ショウガなどを混ぜて作られていたりね


とにかくどれもこれも、食べ物にしみこんじゃってると
たまりましぇ~ん


わかりやすくいうと、バナナにメンソール系の臭いを付けて
食べようとしてみたら、こんな気分になると思います

うっ・・・

道ですれ違うご年配の方
たびたびこの臭いしますね


そういえば、最近花が少ないせいか、ドシャブリが多いせいか
おばあちゃんの姿が見えません。
門から玄関までの10mを
1,2分かけて歩いてくる、あの『手持ちぶさたな間』が懐かしいです。
一度は池にかけてある橋から落ちるかと心配しました。

心配です、おばあちゃん。


いつも咳き込んで、何言ってるのかわからないことが多かったな
しかもほとんどバリ語混じりだし・・・


大丈夫かな


あの臭いが懐かしく思えます

おばあちゃん、元気かな



スポンサーサイト













それ、それー!




それなの~!




これがバリの虜になった理由のひとつ


す・すばらしい・・・


ここバリは、挨拶などをするときには、胸を開いて、あごを前方上気味に突き上げる感じで
とっても明るくオープンなイメージ

どんなすばらしい自然の景色も霞んでしまう、この『あご』には敵うまい


もっと詳しく解説すると、これに目というか、眉だけを動かす微妙な技も併用されるんですが
それはまたの機会に・・・

一方日本では、あごを引いて胸を閉じて、どちらかというと陰に籠もる・・・っていうイメージ

もちろん、日本には『秘するが華』みたいな、自らを控えめに、相手をたてるのをよしとする
でしゃばらない、思いやり、慈しみ
などなど、すばらしいものがあるわけで・・・
それを否定するのではなく・・・

ま、手っ取り早くいえば、いかにも南国風、この前向きな姿勢が肌に合った
つまりはそういうことですね

今日本では、暗いニュースばかりが目立っているようですが
そんなときこそ、この前向きな挨拶をみんなで実行できたら
もっともっと明るくなるんじゃないかなぁ・・・

国や民族によって、そこ特有のボディ・ランゲージがありますが、
今こそ、このアクション、必要なときなんじゃないのかなぁ・・・

ここインドネシアも、またまた爆弾テロ騒ぎがあったりしましたが、
どこも暗い話題ばかり・・・
もっともっと、世界が平和で、明るい話題でいっぱいになったらいいのになぁ


でもって、やっぱり私は日本人
日本のことも気になるわけで・・・

エールを贈ります


がんばれ! ニッポン!

がんばれ! 地球人



この場をお借りして、お詫びとお礼

いままで、かなり長いことご無沙汰してしまいました。
私事で、いろいろありまして・・・
首を長くしてお待ちの方・・・
申し訳ありませんでした。

またこれからもよろしくお願いします。


そして、今までいろいろと支えてくれた方、
ありがとうございました。

特に・・・
88さま(仮名)、満月の巫女さま(仮名)、本当にお世話になりました。

皆様いつも笑顔で満たされていることをお祈りし、お礼とさせていただきます。















ええ~?そんなまさか




心の声が聞こえちゃったの~?




朝の市場のおばさんたちは、いつもと違って、こわい・・・

特に満月や新月の前の日、儀式の多い日の前。

手にたくさんの荷物を抱え、安くていい品がなくなっちゃう前にって、みんな殺気立ってるんだろうけど・・・

一言、ごめん、くらい言ってほしいなぁ・・・

こっちだって、毎日の生活のための買い物、同じでしょ?


別に体格のよろしい方に対する偏見じゃないんだけど・・・
ちょっとコワ系のおばさんたちって、なぜか態度も体格もでかい・・・のは、気のせい?

思わず、仕返しってわけで、心の中で小悪魔がいたずらを・・・

そのおっぱいバンドの上にたるんでるお肉・・・
そして締め上げてる腰の帯・スレンダンなどなど

ハムそのものねー


って、その瞬間、心の中を見透かされたように・・・


それにしても、びっくりしたなぁ・・・
タイミング、ばっちりだもん。


もちろん、にこって笑顔で返しました。

ごめんなさい。

もうしません・・・


・・・いやいや、無理だな、きっと。


こんどは、フランクフルトにしますってか~

あ、サラミっていうのもありか・・・脂たっぷりの・・・


こっちだって負けないぞ~

ささやかな抵抗・・・
















見てるこっちが


むずむずしてくるーっ!!




なぜでしょう?

バリのおとこの人、ホント、長い人が多い・・・

おやじだけじゃなくって、結構若いなっていう人も、ときどき見る


鏡をのぞくことはないのかな?
くしゃみ、連発・・・だいじょうぶ?


なんなら、抜いてあげようか・・・?


都会の汚れた空気っていうなら、なんとなくわかる気もするんだけど

こんな豊富な大自然のなか、そこまで伸びるかぁ~

豊かな自然の中、人も自然体で生きていらっしゃる

うちの近所にも、こんな感じのおじさんが・・・
これまたその鼻毛の長さといい、ひげといい、つぶらな瞳といい
『バカボンのパパ』そのもの

一度、聞いてみたいんだけど・・・

むずむずしないの?って・・・

バリの人って・・・まだまだ謎が多い・・・









動物的体内磁石だぁ~



だって、時々バリの人、道々の鉄くず引き寄せちゃって、ズリズリ引きずって歩いてるもんね

・・・うそうそ



バリのひとは体内にしっかりと方位磁石をもっている人が多いみたい、これほんと


太陽も隠れてる、山も海もみえない・・・伝書鳩じゃないんだから、もう・・・

このときはまだ東西・・・ですんだからまだいいほう・・・
実際バリの人同士は『カジャ・クロッド』などの、アグン山を中心にした相対的方位感覚を用いていることが多いから、これには本当に、体内方位磁石がいるもん。

つまり、カジャ=北だったのが、ところ変われば、カジャ=東になるわけ


うーん、さすが


昔、バリ人のお友達が日本にバリ舞踏の公演に来たときの話。
たまたま近所の新宿が会場だったから、お手伝いをちょこっと。

ねぇ、のーてんき、この近所に住んでんでしょ?
北はどっち?
・・・ごめん・・・わからない・・・

実はこのとき、新宿の高層ビル街の中で、とっさに地図が頭に浮かばず、方角がわかんなくなっていた(言い訳)
まだある・・・劇場の中でも、聞かれたこともあったっけ。


日本の人って、どっちかって言うと、頭の中で地図浮かべて・・・そんで北は?・・・
でしょ?


一方バリの人といえば、女性だけに限らず、男性も結構地図を読めなかったりするもんな。


きっと、根本的考え方っていうか、思考回路・システムが違うんだろうね。

バリ、なかでもウブドあたりを知る方なら、わかるかな・・・ちょっとローカルな話題を。
バトゥ・ブラン⇔ウブド⇔ギャニャール、目的地の違うベモが混在する道だったりすると、遠くからでも指差しで行き先確認のやり取りをしてるもんね。
もちろん、おばさんだって、こどもだって。


文明に頼りすぎると、置き忘れてきちゃうものって、結構あるんだろうな

                   
                    
SEO対策:バリ島 :絵日記 :移住 :癒し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。